[ラベル作成で困ったら]プリント・カット・貼り方について




当ブログではラベルテンプレートを無料で配布しています。このページでは、作り方やちょっとしたコツを紹介しているので時間がある方や困った方はぜひ見てくださいね。

ラベルテンプレートについて

インフォメーションの見方

皆さん、ラベルテンプレートはもうダウンロードしてみましたか?あまり深く考えなくても使えるようになっているのが当ブログのテンプレートなんですが、実はテンプレート上部にはいろいろな情報が記載してあります。画像のピンクの枠の部分ですね。これを「インフォメーションバー」と言います。

L0001のラベルテンプレート

テンプレート上部のインフォメーションバー

インフォメーションバーを拡大するとこんな感じ。型番やスペック、加工に関してのアイコンが記載されています。これは少しだけでもラベル作成の手助けになれば…と思って記載したのですが…役に立っていると嬉しいです。例えば過去使ったラベルと同じものを探したい時は、型番で探すと確実に同じデザインに出会えます。それぞれの説明は下記をご覧ください。

A「型番

アルファベットはアイテム、数字はデザインテイストを表しています。例えば、L0001なら「ラベルの0001」C0001なら「カレンダーの0001」となります。L0001C0001のように数字が同じものはデザインテイストが同じです。

B「形

基本形はSQUARE(正方形)とRECTANGLE(長方形)です。デザインによっては山形や菱形があります。

C「サイズ」

基本形は4種類です。デザインによっては大きなサイズもあります。

D「バージョン」

データにはバージョンがあり、最新版のみダウンロードできます。

E「アイコン」

下記の種類があります。

  • BLACK PRINT〈モノクロプリント専用〉
    黒やグレーのデザインに記載されています。カラーモードは必ず「グレースケール」でプリントしてください。「フルカラー」で出力すると、色味が変わったり細かい線や文字が滲んだりして仕上がりが悪くなってしまいます。
  • COLOR PRINT〈フルカラープリント専用〉
    一部のフルカラーデザインに記載されています。カラーモードは必ず「フルカラー」でプリントしてください。
  • CUT〈長さ調節可能〉
    好みの長さでカットできるデザインです。
  • 3・5・8〈角丸加工対応〉
    角丸カッター「サンスター文具 かどまるPRO」で角丸に加工できるデザインです。3mm、5mm、8mmの3種類の大きさがあります。加工方法はSTEP.3で紹介しています。ちなみに角丸にしなくても見栄えが良くなるように作っているので加工はお好みで!

STEP.1 準備する

必要な道具・材料

カッター

ラベルカットには、画像のような普通の大きさのカッターが使いやすいです。切る時は刃を出しすぎないようにしましょう。

カッターマット

A4ラベル用紙には、それよりも大きなA3のカッターマットが使いやすいです。カッターを使う頻度が多い方は質の良いカッターマットを買うようにしましょう。適度な厚みと弾力があり、ある程度重いものがオススメです。

金属製の定規(ステンレス)

カッター使用時は、必ず金属製の定規を使ってください。プラスチック製だと刃で定規を痛めてしまいます。定規の長さは30cmが扱いやすくてオススメです。そして見落としがちなのが定規の厚み。カッターの刃が定規を乗り越えないように「1mm以上厚みのある定規」が理想です。

プリンター

家庭用インクジェットプリンターで大丈夫です。ちなみに会社やお店のレーザープリンターは、ラベル用紙が使えない機種があるので事前に確認してから使いましょうね。

A4ラベル用紙

ラベルテンプレートはA4サイズの用紙でプリントしてください。ラベル用紙には「耐水」「剥がせるタイプ」「クラフト紙」などたくさんの種類があります。用途に合ったタイプを選びましょう。

角丸カッター

カットしたラベルを角丸にしたいなら「サンスター文具 かどまるPRO」が便利です。爪切りのような感覚で角を丸くカットできます。1台で3種類の大きさに対応しています。使い方はこのページのSTEP.3で紹介しています。

STEP.2 プリントする

自宅でプリントする

PDFを開く

テンプレート配布ページ下部の「ダウンロード」の中にあるPDFファイルをクリックするとテンプレートが表示されます。

テンプレートページ下部

「プリント」or「印刷」を選ぶ

テンプレートが表示されたら「プリント」もしくは「印刷」を選びます。使用するパソコンやスマホ、プリンター、アプリなどにより異なりますが、次の項目のようなプリント画面になります。設定する項目が多いですがこのページを参考に進めれば基本的にはOKです!やってみましょう。

プリント設定

まずは基本の設定です。ここではパソコン(Mac)を使用した場合で説明します。

  1. 使用するプリンターを選択してください。
  2. 希望の部数を入れてください。
  3. モノトーンのデザイン(BLACK PRINTアイコンが記載されたデザイン)はチェックを入れてください。チェックを入れないとフルカラー扱いになり、色味が変わったり細かい文字が潰れる恐れがあります。
  4. 希望のページを番号で指定してください。
  5. 「実際のサイズ(拡大縮小なし)」を選んでください。「用紙サイズに合わせる」にすると縮小プリントされてしまいます。
  6. 用紙の向きです。プリンターに対して用紙を縦向きにセットする場合は「縦」を選びます。

 

ページ設定

「プリント」画面の左下の「ページ設定…」を押すと次のタブが開きます。

  1. 用紙サイズは「A4」を選んでください。
  2. OKを押して確定します。

 

印刷品質の設定

「プリント」画面の左下の「プリンター…」を押すと次のタブが開きます。真ん中にある青い枠の部分を押すといろいろな選択肢が出てくるので「印刷設定」を選択します。すると用紙種類などを指定する項目が現れます。

画像のようにラベル用紙のパッケージ裏面には「推奨設定」が記載されています。

  1. 「用紙種類」はラベル用紙が推奨しているものを選ぶようにしてください。
  2. 印刷品質も同様です。ラベル用紙が「印刷品質/きれい」を推奨している場合はそのように設定してください。
  3. プリントを押して確定します。

 

プリントする

最後に「プリント」画面から「印刷」を押すとプリントが始まります。インクや用紙をセットを忘れないでくださいね。プリント中はプリンターをさわらないようにしましょう。

仕上がりを確認

プリント後はすぐに手にとって確認したいところですがちょっと待ってください!プリント直後の用紙はまだ乾いていません!用紙によって異なりますが光沢紙や耐水紙は乾くまで5〜10分かかります。パッケージ裏面の乾燥時間の目安を確認して、十分に乾いたら仕上がりを確認しましょう。

ご注意
※上記の設定は一例です。使用するOS、プリンター、アプリケーションなどによって表示が異なります。
※プリンターや用紙を初めて使う、設定に自信がない場合は、必ず普通紙でテストプリントをしましょう。

自宅にプリンターがない場合

プリントサービスを利用する

現在コンビニではラベルプリント(持ち込み用紙のプリント)を受け付けていません。これはプリンターを供給している会社とコンビニとの約束事なのでどうすることもできません。

自宅にプリンターがない方はキンコーズなどのプリントサービスをご利用ください。ラベル用紙がプリントできる店舗があります。(ご利用のプリントサービスによって使用できる用紙に制限があるので事前に確認してください。)

STEP.3 カット・加工する

ラベル作りで最も難しいのがカットです。そして怪我をしやすい工程でもあるので十分に注意しながら進めましょう。

ラベルの切り方

切る順番

たくさんのラベルを効率良く切るには順番が大切です。まず切っていく過程を見てください。まず最初は画像の状態ですね。端の余白部分から切り落としていきましょう。

余白部分が切り落とされました。
次に画像のようにタテ列を切ります。連なっているラベルを一気に切り落としました。
最後に一つ一つを切ります。ここが一番時間がかかりますね。根気よくやりましょう。

gene-graphic
どうでしたか?このようにできるだけまとめて切ることで圧倒的に手間が減ります。定規をしっかり抑えて切るのがうまくいくコツですよ。では切る順番を確認したらいよいよ本番です!

定規の置き方

「定規は切るものを覆うように置く」と覚えてください例えば画像のようにカッターの刃が逸れてしまった!なんてことがあると思います。でも刃が逸れたのが余白だったのでラベルは無傷でした。

逆に画像のように余白に定規を置いて刃が逸れてしまったらどうでしょう?ラベルがダメになってしまいますよね。定規は守るものを覆うように置いてください。
定規は画像のようにラベルの端ぎりぎりに合わせます。グレーの線が残ってしまわないように少しだけ内側に合わせるときれいに仕上がります。

定規の抑え方

ラベルがずれないように定規はしっかり抑えましょう。この時、定規から指が出ていないか必ず確認してください。

大丈夫であればここで初めてカッターの刃先を1〜2目盛り分だけ出します。カッターは力を入れすぎると危ないので軽く持って切ってください。
カット中は刃先から目をそらさないようにしましょう。力が弱い方は30cmくらいの長辺を切る場合、定規を支える手を動かさなければいけません。刃先の進みに合わせて奥から手前に尺取り虫のように抑えながら動かします。
定規を抑える指の動きに注目してください。親指と他の指を広げたりすぼめたりしながら…
こんな感じで奥から手前に移動します。(ちょっと大げさにやっているので実際にはこんなに動かす必要はないですが。)

gene-graphic
30cm定規であればブレずに抑えられる方もいると思います。そうであれば普通に定規の真ん中をしっかり押さえて切ってくださいね。

切り方

ここまで長ったらしく説明してきましたが切る時はあっという間です。定規をしっかり持って、カッターは軽く持って、落ち着いて切りましょう。

切り終えても定規はまだ抑えたままです。カッターを持っている手で片側を少し動かしてみましょう。切り離せていればOKです。もしつながっていたらそのまま同じ位置をもう一度切ってください。ラベル用紙は薄いので1〜2回で切れるはずです。切り落としたのを確認したらすぐに刃を戻してくださいね。
きれいにカットできました。
くどいようですが、カッターの扱いには十分注意してください。私は身の回りで一番切れ味がいい刃物はカッターだと思っています。それぐらい危険なのです。安全に使ってプリントDIYを楽しみましょう!

アレンジしてみよう!

ラベルの角を丸くする

小さなラベルに角丸カッターを使うのは少しコツが必要です。

  1. 「サンスター文具 かどまるPRO」を画像のように立てて持つ。
  2. ラベルを重力にまかせてふんわり置く。
  3. 奥まで入っているのを確認してレバーを押す。

自信がない時は普通紙などで試してからやってください。

STEP.4 貼る

最後はいよいよ貼る作業!ここまできたらもう完成は目前ですね。「パパッと貼って完成!」といきたいのですが、斜めになったりシワになったり意外と難しかったりします。まずは基本をおさえましょう。

ラベルの貼り方

シワにならないためには…

大きなラベルはシワになりやすいです。車のスモークも自分で貼るとシワになったり気泡が入ったりしますよね。あれと同じです。ラベルを貼る時に一番大事なのは「一方通行で貼ること」。例えばラベルの左端を貼り始めたら、そのまま右端まで真っすぐに貼っていきます。両端から真ん中に向かって貼るようなことをすれば高確率でシワや気泡が生まれてしまいます。

貼るのが苦手な方におすすめのラベル

ラベル用紙には「貼って剥がせるラベル」という貼り直しができる商品もあります。このタイプは貼りやすいだけでなく、ある程度時間が経っても糊が残ることなくきれいに剥がせるのでおすすめです。ちなみに我が家でもほとんどのラベルはこのタイプです。

デリケートな素材に貼るときは…
ダンボール素材や紙箱などのデリケートな素材に貼ると、剥がした時に素材を傷つけてしまうことがあります。「貼って剥がせるラベル」でも長期間貼ったままだと使用状況によってはラベルの成分が変化して剥がれにくくなることもあるので十分注意してください。